×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CANYON

W-55

W-70

2機種手抜きでただべたべた貼って見づらいかもしれませんが(^^;

いかがですか?外観もちょっとあれですけど内部にいたっては「ベニア板」が使ってあったりして萎え~なポイントがありますがw

よくオークションで「YAMAKI製作!CANYON」なんて言われていますがこれらはあきらかに木曽鈴木ですね

・ヘッドがシール(訂正 決め手にならない??)

・トップのブレスからロッドが飛び出ている

・ロッド穴が丸い(YAMAKIの標準は□です、○も存在しないわけではないようですが・・・)

・型番のスタンプがでかい(訂正 決め手にならない??)

 

・内部 バックの継ぎ目に張り付いている板が合板なので必要ないので見えにくい一番奥には貼っていない

・手を突っ込むことが可能ならばサブブレスが平板てかベニヤ板w

これらのポイントで木曽だと判ります

 

では、YAMAKIのCANYONは存在しないのか???って言われるとそうでもないみたいなんですよね・・・

私が実際手にしてないので推測の域をでないのが残念ですが 通販ギターこれ以上増やしてもねぇ(^^;

型番は55とか70でも実売はケースが付いてこんなもんだったわけですし オクで「定価○万円」なんて文句に騙されちゃ駄目ですよw

 

これは某ショップに出ていた奴で問い合わせをしたときに貰った奴なんですがロッドが引っ込んではいるんですが穴が□じゃないんですよねぇ

YAMAKIならネックブロックに型番打ちそうなもんですし PMが露骨にセルですしねぇ・・

まぁYW-30Mとか40Mの例もあるのでセルだからってのは微妙ですが・・

70の型番でも数種類はあるようです 通販で初期だけYAMAKIで後引き継いで木曽鈴木とかそうだったんでしょうかねぇ

とうとう悩んで買わなかったのでこれはYAMAKIだ!って断言も出来ず・・・

研究は続行中・・・

2008年11月19日 更新

YAMAKI製のはちゃんと存在して内部にYAMAKI刻印があるそうです

TOMSON、CANYONのギターで「YAMAKI」が欲しい方はそこらへんを確認して手に入れましょうね(^^

BACK