×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   

 

WASHBURN D66SW

トップ Solod sprucer  ブレイシング Scalopped
サイド・バック Solod Rosewood ヘッド Rosewood
ネック Mahogany トップインレイ Maple
指板・ブリッジ Ebony ロゼット  
サドル/ナット 樹脂製 バインディング Maple
スケール 640mm ポジションマーク  
胴厚(ネック/エンド)   塗装  
ネック幅(ナット/12flet)   ペグ Indvidual rotomatic
横巾     Rosewood bridge pin

 

ギター図鑑さんのレポートはこちら

 

名前だけを聞くとどこがDAION?YAMAKI?と思う人もいるのではないかと思うが
解体新書さんをくまなく読まれている方なら おーこれがそうかと納得して頂けるのではないかと(^^;
Y70Dよりちょっとだけ上みたいです (材料)
中はスキャロップされています 弦のボールエンドこの写真は悪い例ですね(^^;
このギターにはサブネームがある 内部の写真にも写ってはいるがPrairie Song Customと言う


私がこのギターをゲット出来たのはきわめて幸運だったと思う
12fletsさんのカタログを見て暇を見ては海外検索をしてもレビューこそあるがそれ以外 なにも手がかりがなかったのだ 
思い出したときにはいろんな検索エンジンを駆使しワードを微妙に変えても姿が見えなかったギター
がある日 とうとうebayに姿を見せたのだ
ドキドキしながら「I live in Japan. Do you ship to Japan?」YESの返事が輝いて見えました(^^;
ライバルが現れて予定の金額よりかなり上回ったのだがそれに見合うサウンドをこのギターは持っていた
指板も少し減ってはいたがそれだけ前のオーナーもこの音色に惚れて弾き込んだ証でもある

 

 

 

BACK